トップページ 院長あいさつ スタッフ産婦人科の診察とは? 診療サービスの特色 診療案内 診療日時 マップ 施設案内初めてご来院される方へ 初心から出産まで 料金案内 Q&A 求人情報
注意が必要な症状
出血した。どんな異常があるの?

妊娠初期(妊娠15週まで)

妊娠初期に出血があった時には妊娠に関連した出血妊娠とは関連のない出血がありますが、区別することは困難です。
小量(下着にわずかに血液がつく程度)でお腹が痛くなければ、また安静にして出血が止まればあわてて診察をうける必要はありません。(妊娠中は流産の治療の基本は安静です。)
出血が続く、赤色の出血(新しい出血)、お腹が痛いときは診察が必要です。

(1)妊娠に関連した出血
  妊娠初期の出血で心配なものは流産切迫流産です。 流産切迫流産は大きなちがいがあります。流産は妊娠を継続することは不可能ですが、切迫流産は流産しかかっている状態で経過がよければ妊娠の継続は可能です。
(2)妊娠に関連しない出血
  子宮膣部ビラン子宮頚管ポリープ膀胱炎尿路結石で血尿があると膣からの出血を区別がつかないことがあります。

 

妊娠中期(妊娠16週~27週まで)

妊娠中期にも初期と同じように 膀胱炎子宮膣部ビラン子宮頚管ポリープ など妊娠とは直接関係のないものもあります。
妊娠に関連した出血で最も多いのは切迫流産切迫早産です。切迫流早産は適切な治療を受けないと流産や早産にいたるため注意が必要です。
前置胎盤、破水、常位胎盤早期剥離等でも出血を認めることがあります。
ほんの小量(下着にわずかに血液はつく程度)でお腹が痛くなければ、また安静にして出血が止まればあわてて診察をうける必要はありません。(妊娠中は流産早産の治療の基本は安静です。)
出血が続く、赤色の出血(新しい出血)、お腹が痛いときは診察が必要です

妊娠後期(妊娠28週以降)

妊娠中期とおなじ

お腹が痛い。どんな異常があるの?

妊娠初期(妊娠15週まで)

妊娠初期の下腹痛にはどこが痛いかによって原因が異なります。
特に病気でなくても腹痛はおこることがあります。便秘子宮の成長痛や靭帯のつれなどです。

 便秘………… 妊娠すると普段より便秘気味になります。特に左の下腹痛の時は原因として考えられます。
 成長痛……… 赤ちゃんの成長に従って子宮が急に大きくなるためにおこります。
 靭帯のつれ 子宮は靭帯というすじで骨盤につられています。体をひねったり、立ち上がった時に靭帯が引っ張られて痛みを感じることがあります

いずれも痛みに敏感な人は腹痛と感じることがありますが、病気ではありません。
心配なものは子宮や卵巣に関連する痛みです

(1) 子宮に関連するもの
流産切迫流産子宮筋腫子宮腺筋症(子宮内膜症)を合併した妊娠
(2) 付属器に関連するもの
卵巣腫瘍を合併した妊娠
(3) 消化器(胃腸)に関連するもの
便秘・胃腸炎
(4) 泌尿器に関連するもの(膀胱炎、尿路結石)
 

妊娠中期(妊娠16週~27週まで)

妊娠初期と同じですが新たに切迫早産常位胎盤早期剥離が問題となります。
妊娠中期になると腹壁を介して子宮を触れることができます。たとえ、痛いと感じなくても拳を布団や毛布の上からふれたように感ずるときは子宮は収縮しています。
出血した。どんな異常があるの?

(1) 子宮に関連するもの
早産切迫早産常位胎盤早期剥離子宮筋腫子宮腺筋症(子内膜症)と合併した妊娠
(2) 付属器に関連するもの
卵巣腫瘍を合併した妊娠
(3) 消化器(胃腸)に関連するもの
便秘・胃腸炎
(4) 泌尿器の病気に関するもの(膀胱炎、尿路結石)

妊娠後期

妊娠中期と同じ。 新たに前駆陣痛もあります。

腰や背中が痛い、関節が痛いのは?(腰痛)
妊娠中は胎盤で産生される女性ホルモンの影響で筋肉は弛緩します。子宮収縮を防ぐためにはよいことですが、関節は筋肉によって保護されているため、関節周囲の筋肉が弛緩すると、関節が弛み、痛みの原因になります。また、子宮が大きくなると腰骨を圧迫し背骨にも負荷がかかるため、痛みの元になります。その他体重の増加も原因になります。体操や骨盤を締めるベルトが有効です。
熱があり、排尿痛などの膀胱炎の症状を伴う場合は腎盂腎炎の可能性があり、治療が必要です。
恥骨が痛いのは?
恥骨は左右の骨が関節で結合しています。妊娠すると関節が弛み、痛みの原因になります。経産婦の方に多くみられ、児頭の圧迫により、妊娠後期に悪化することが多い。体操や骨盤を締めるベルトが有効です。
おりものの異常は?
膣の自浄性とは

元々、女性の膣は無菌状態ではありません。膣にはデーデルライン乳酸菌桿菌(善玉箘)がいて、膣内を弱酸性に保って他の悪玉菌の繁殖を防いでいます。これを膣の自浄作用といいます。体調悪化、生理(月経)周期・妊娠によるホルモンバランスの変化や抗生物質など服薬の影響でこの膣の自浄作用が低下すると腟炎や子宮頸管炎になります。
腸内細菌(乳酸菌)に個人差があり、腸の強い人、弱い人がありように膣乳酸菌にも個人差があり、腟炎になりにくい人、なりやすい人があります。
妊娠するとおりものは自然に増えていきます。特に妊娠後期は子宮口の熟化に伴っておりものは増加します。以下の症状がある時は要注意です。

  ● 異常に多い
腟炎の症状です。腟炎には細菌性腟症(炎)カンジダ腟炎トリコモナス腟炎等があります。
また、クラミジア淋菌による子宮頚管炎などがあります。また、破水していてもその流出が少ないとおりものが多い程度のこともあり、注意が必要です。
  ● 水溶性(水っぽい)
トリコモナス腟炎、破水
   チーズ様
カンジダ腟炎
   色がついている 黄色~緑色(汚い)
カンジダ腟炎細菌性腟症(炎)トリコモナス腟炎
   茶色
陳旧性(古い出血)
   匂いが気になる(生臭い)
細菌性腟症(炎)トリコモナス腟炎
   その他  
GBS淋菌
膣や外陰部がかゆいのは?
カンジダ腟炎妊娠掻痒症の症状です。

膣や外陰部が痛いのは?
外陰ヘルペス静脈瘤の症状です。
膣や外陰部がはれている。足や外陰部の血管が浮いて見える。
血管がみみずのように目立つようになった。熱感がある。痛いのは?
静脈瘤静脈血栓症の症状です。
太ももや膝下が腫れてきた、痛いのは?
静脈瘤静脈血栓症の症状です。
外陰部に疣(いぼ)のようなものができたのは?
体がかゆいのは?
妊娠掻痒症の症状です。
だるい、眼がチカチカする。頭が痛いのは?
高血圧の症状かも知れません。血圧を測って高ければ医師の診察が必要です。妊娠中は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の症状です。
貧血の症状は?
・顔色がわるい(血色が良くない)・青白い・ふらふらする・だるい・疲れやすい・息切れがする などは貧血の症状です。
めまい、立ちくらみはどうしておこるの?
貧血でもこうした症状はおこりますが、貧血がなくても症状が出ることがあります。脳貧血の症状です。
脳貧血は急に立ち上がったり、長く立ったままでいると血圧が低下して脳へ流れる血液が減少することによって起こります。妊娠中はよく見られる症状で心配いりません。急に立ち上がらない、長く立ったままでいないように心掛ける。
もし起こっても横になって安静にしていれば数分で症状は治まり、よくなります。
赤ちゃんがおなかの下の方で動く気がするのは?(逆子
赤ちゃんが体を動かしたり、手や足で子宮を触ったときに胎動を感じられます。特に足で子宮と蹴った時に強く感じられます。おへそよりかなり下で胎動を感じる時には逆子(さかご、骨盤位)の可能性があります。逆子は自然に直ることもありますが、妊娠28週を過ぎて逆子が直らない時は逆子体操を行います。
体操で80%は直りますが、もし、逆子が直らない時は帝王切開(特に初産の場合は100%)になる可能性が高いようです。
ちょっとした体の不調(マイナートラブル)は?
・不眠・心臓がドキドキ(バクバク)する・脈が速い・食欲がない・胃や腸の調子が悪い・むくみ(浮腫)・体がかゆい・胸やけ・手や足のしびれやむくみ・腰痛・おりものの増加は妊娠中によく見られる症状ですが、続くようなら診察が必要です。
子宮圧迫によるトラブルは?
大きくなる子宮によって・静脈瘤仰臥位低血圧症候群の症状が起こることがあります。
胎児計測(GS・CRL・BPD・APTD・TTD・FL)
「トップページ」へ 「妊娠と病気」へ